読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

渋柿もらいました。

ある日、山へ竹切りに行く途中、民家の敷地の中で、

たわわに実った渋柿の木を見つけました。

 

 

気がつくと、

インターホンを押していました。

 

 

「すみません、渋柿、ください!」

 

 

僕は、名を名乗ることもなく、言い放ちました。

 

向こうからしたら、まさに、

 

君の名は。

 

状態だったことでしょう。

 

その場では、「干し柿作るのよー」ということで、もらえませんでした。。。涙

 

ですが、二週間後。

余った分は全部あげる、とのことで、結構いただけました。

 

インターホン、押してみるもんですね。 

 

f:id:nobukicorner:20161128211013j:plain

 

f:id:nobukicorner:20161128211026j:plain

 

 

 

「変わる必要がある」について

社会や人類に向けて、

「変わる必要がある」と言ってる人によく出会う。

し、僕もそのように思っていた。

 

でも、

「変わる必要のあることなんて、そんなにないんじゃない?」

と、最近思う。

もう少し踏み込むと、

「変わることは解決策じゃないんじゃない?」

と思う。

 

変えようと提示する善は、悪があるからこそ善なんだと思う。

 

そして、その善が、悪がなくなったあと善である保証はどこにもない。

 

認識の向上の中で、増える区分。

それに伴って増える悪と認識されるもの。

 

たぶん、それはこれからも続いていく。

 

きっとそんななかで増えていく問題を解決するためには、

それはそれとして、これはこれとして、境目がないことを認める、

あるいは境目を消すことを意図することが、

必要になってくるんじゃないのかなと思う。

 

ソフィストがはびこり始める。

答えという言葉いつか消えてしまうような空気も感じています。

大島トレッキングの下見に来ております。

今週末は、大島牧場のイベント。

 

二日目にトレッキングを入れているので、

コースの下見に来ました。

 

九州オルレ 宗像・大島コースというルートを行く予定。

 

何気に知りませんでしたが、福岡のオルレコースとしては、このコースが最初らしいです。

f:id:nobukicorner:20161121122808j:image

 

九州オルレとは??

海や山などの自然を五感で感じながら楽しむトレッキングコース。

 

パンフレットには、

おおよそ11.4kmのコースで、所要時間は4〜5時間と書かれています。

f:id:nobukicorner:20161121123317j:image

 

感覚的には、時間はけっこう長めに書いてるなーという感じ。

今回のコースタイムは、1時間45分。

トレイルランニングの大会とか出来そうないいコースでした。

 

渡船ターミナルからスタートして、御嶽山までが山場ですね。

そのあとはずーっとなだらか。

 

イノシシのミミズ探しの跡が多かったので、

朝方は要注意。

 

土日が楽しみだー♪

天気が持つことを祈るばかりです。。。

午後の予定があるので、もう帰りまーす。

 

f:id:nobukicorner:20161121124055j:image

 

 

何をしているんだろう。

よく何をしているんだろう、という感覚に陥る。

 

明確な目的とか、方向性とか、そのような類への疑問ではなく。

 

ロジックが崩壊したような何か。

 

崩壊したというのも少し違う。

 

そもそも組み合わさっていなかったということに気がつくような。

 

 

保育園の芋掘りをしました

今日は福津市にある保育園の芋掘りをお世話しました。

 

0歳〜2歳の子供たちが、18人。

 

当然、掘れないので、

一度掘り上げて、また見えるくらいに埋める作業をしました。笑

 

その場で焼き芋もして、美味しかったようでなによりー

サツマイモって取り立ては甘くないんですけどね 笑

気分の問題ですね 笑

 

f:id:nobukicorner:20161031200637j:plain

 

農薬も、肥料も使っていないサツマイモ。

使っていないことが善であるということではなく、

重要なのは彼らが食べるものとして、手間と暇と愛情を注いだことだと思います。

 

安全で美味しいものとしてのそのような食べ物ではなく、

愛情がより多く注がれたものとしてのそのような食べ物として、

広がっていくことが、僕は健全だと思います。

 

11月26日(土)〜27日(日) 大島牧場へ行こう!01

宗像市にある大島。

近すぎる島で、僕は今年の5月まで行ったことはありませんでした。

 

釣りをする人は結構行くのかな??

 

人口は700名程度で、福岡県では一番大きな島です。

大島といえば海!と言うイメージがありますが、

原生林の残る山が、島全体に広がっています。

 

その島に、人知れずある大島牧場。

 牧場といっても数年前から、牧場としての活用はお休み中。

草も木も、ボーボーです、、、せっかく綺麗なところに設備があるのに、、、

 

f:id:nobukicorner:20161027220732j:plain

 

 

そんな大島牧場ですが、

お世話になっている、すすき牧場さん(宗像)が、

今年から管理することになったんです。

 

nobukicorner.hatenablog.jp

 

 

「ただ牛を飼っても面白くないから、人が来て何か楽しめる場所にしたい」という、すすき社長。

 

 

今後、子供が体験を通して楽しめる場だったり、菜種をまいてお花畑をつくったりと模索しているところです。

 

とはいえ、数年放置状態なので、荒れに荒れておりまして、

今後の活用のためにも、まずは整備(草刈りとか)からといった状況です!

 

そこで、

一緒に草を刈り、

種を蒔き、

夕日を見ながら宗像牛のBBQをし、

酒を飲み、

朝ごはんを食べ、

トレッキングをし、

パエリアを食べ、

船で帰ってくる、(長い)

仲間を募集いたします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日 程:11月26日(土)11時〜

   11月27日(日)15時ごろ

集 合:神湊渡船ターミナル 11時

参加費(実費):

    大人(中学生以上)9000円 

    子供(小学生以下)8000円 
※宿泊費、夕食、朝食、昼食の費用をだいたい見込んだ金額です。ほぼ実費です。
※フェリー代(片道 大人560円、子供280円)、26日昼食 渡船ターミナル駐車場代(400円) 別 

持ち物:参加者に個別でお知らせ!

定 員:10名程度

お申込:①お名前、②人数(大人何名、小学生以下何名、乳幼児は参加費要相談)③電話番号、④メールアドレス

上記を、このメールアドレスまでお願いします。

info@san-tane.com

申込締切:11月22日(火) 

 

 

 プログラム

11月26日(土)
11:00 神湊ターミナル 集合
11:15 乗船
11:30 大島到着
12:00 整備のお手伝いをする牧場まで移動→すすきさんの車でピストン移動
    昼食は持参か、ターミナルで購入
13:00 大島牧場の整備手伝い 草刈り、菜の花の種まき
16:00 作業終了
16:30 民宿つわせ 到着
17:00 夕陽を見る BBQ
22:00 就寝(場合によってはこの限りではない♪グラッパ持参します。)

11月27日(日)
7:00 起床
7:30 朝食
9:00 トレッキング 中津宮出発
    2hコース、3hコース有り
11:00 2hコースの人、砲台跡のある牧場へ到着→昼食準備
12:00 3hコースの人、到着→昼食(パエリア)
13:00 出発 徒歩でターミナルへ
14:40 乗船
15:00 神湊着 解散

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主に、

すすき牧場さんに興味がある人、関わっている人

三粒の種に興味がある人、関わっている人

との、親睦を深めるような機会にしたいなと思っているし、

そうなると非常に嬉しいです♪

 

僕(三粒の種 角)も整備のお手伝いにいくという感覚でおりまして、

その仲間がいるといいなーという感じです!

 

なので、全てしてもらえて快適なプログラムというよりも、

一緒に汗をかいて、同じ釜の飯を食う、感じのプログラムになっております。

 

一緒に気を配りながら楽しめたらなと思いますー!

 

いやー、楽しみ楽しみ♪

 

 

f:id:nobukicorner:20161027224119j:plain

f:id:nobukicorner:20161027224121j:plain


 

意外なことも、わからないことも多い。

何がどうなるかわからない。

 

グーテンベルクが印刷機を発明したおかげで、

眼鏡が普及するとは思ってもみなかったし、

そのおかげで、顕微鏡ができるとも思わなかった。

顕微鏡の発明から20年後、望遠鏡ができ、ガリレオが地動説を説いた。

もー、うそん。の世界である。

 

その覗くためのガラスが、発達して、

このインターネットを編んでいることも信じがたい。

 

数年前までツイートは、ささやかな鳥のさえずりのことだったし、

クラウドは、ただの雲のことだった。

 

世界で最初にクーラーがついたのは、パラマウントの映画館だし、

100年前にまだ真空管はない。

 

何がどうなるかわからないし、

どうなっているかもかなりわかっていない。

 

蝶々の羽の風がハリケーンを起こす理屈も、存在を疑えない。

 

だからこそ、みんな何かを描きたくなるんだろうと思う。

 

f:id:nobukicorner:20161023232053j:plain