読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

じゃがいもの種を蒔きました。

今日は、じゃがいもの種を蒔きました。

 

三粒の種では、津屋崎野菜の宅配便という活動を行っています。

農家さんが、自分の仕事で誰が喜んでくれているかわかる仕組みの中で、お野菜を流通させようという試みです。

 

その取り組みの中で、自身もなり農家として、野菜を作っています。

 

今回は、少し丁寧にじゃがいもを植えてみました。

 

畝を作るところまでは、今までと同じですが、

畝にさらに溝をあけて、そこに30センチ間隔で、種を置いて行きます。

 

今までは、ただずぼずぼと、植え込む方法を取っていました。

 

そして、蒔いた種の間に、油かす、牛糞堆肥をまいて、土をかぶせます。

f:id:nobukicorner:20150120170434j:plain

 ばあちゃんの話によると、昔はこれが当たり前だったそうです。

昔は、この方法で経済は回っていたのに、今はこんなことやっていたら、

食って行けません。

 

丁寧に、ゆっくり、そして万物に優しく。

僕は、このやり方で生きて行く術を、三粒の種を通して、小さく行使して行きます。