読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

三粒の種合同会社 看板設置しました。

会社の看板を設置しました。

 

設立から1年半、やっとつけました(笑)

 

この板、西野木材の社長が、「看板に使わんね」と、

おもむろに自宅まで持って来てくださった木材です。

 

文字は、設立当初、秦さんに書いてもらったもの。

 

文字のレイアウトを決めて、プリントアウトして、

スプレーのりで、板に貼り付け、黒字の部分をカッターで切り抜き、

つや消し黒スプレーで塗り上げました。

 

いい出来だと思います。

 

こうやって、看板をつけると感慨深いものがあります。

 

自分で最初に作った会社。

 

小さな会社です。

資本金は、250万円。

僕個人が全額出資しているので、

口を出してくる株主もいません。

売上も1期は1000万円にも満たない小さな会社です。

 

合同会社っていうのは、昔の有限会社と同じような価値観の法人です。

アメリカの法人組織で、LLC(Limited Liability Company:有限責任会社)がモデルです。

 

なので、合同だからといって、何かと何かがくっ付いている訳でもなければ、

共同経営者がいる訳でもありません。

さらに「合同」という名前なのに、代表社員(株式会社でいう社長)が、

一人いれば設立できます。

 

たった1年半だけど、いろんなことがあったなー。

 

やりたいことを思いついて、協力してくれそうな人に声をかけて、

いろんな人に力を貸してもらいながら、形にしてきました。

 

先日、

「タイムマシーンがあったらいつに戻りたい?」と、塾生に聞かれました。

 

その質問を受けて、考えてみたけれど、

過去を振り返っても、今ほど面白い時期はありません。

 

やり直したいことも特にありません。

やり直してしまったら、今ある偶然が繊細に折り重なったあまりにも素敵な現状が、

なくなってしまう。

そう考えると、やり直すに値する事柄はありません。

 

世の中なんで、こんなに面白いんだろうと思います。

特にこの2年間。

 

明日も雨のなかの作業ですが、がんばろー♪

 

f:id:nobukicorner:20150414194006j:plain