読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

旧友と会って

先日、東京で考古学をしていた頃の友人に会いました。

 

考古学をやっていた頃が、

今の日常生活とかけ離れているから、

「あれは夢だったんじゃないか」と、

思うようになっていたのですが、

その友人に会って、考古学をやっていたことは事実であることを再認識できました。

 

 話題や、冗談の共通認識にだいぶ懐かしさを感じました。

 

また、考古学の勉強会を開いていた当時、

彼女とはかなりぶつかりあったことを今でも覚えています。

 

そんな彼女とこれから何をしたいかという話をしました。

 

「30mくらいのクジラをみたい」

「宇宙に行って地球をみたい」

 

と僕は話しました。

 

彼女は、

「30mのクジラに乗りたい」

「火星に住みたい」

 

と話してました。

 

僕は、このささやかな願望の差に、大きなギャップというか、

僕の器を感じてしまいました。

 

今年で27歳。

この器に乗るものしか作れないんでしょう。