読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

今年も津屋崎祇園山笠が終わりました。

今年も山笠が終わりました。

 

津屋崎の山笠は、

300年前から行われている祇園祭の一つ。

 

博多の次に歴史があり、

文献上唯一、博多祇園とのつながりがある山笠です。

 

博多と違い、津屋崎の山笠は三つの流れからなります。

 

赤い岡の山、桃色の北の山、黄色の新町の山。

 

僕が属するのは、岡の山です。

 

昨年は本当に不甲斐なく、止まってばかり(数十回止まりました)の、

最遅の山でした。

 

今年は、

「速い山を回す」というテーマを掲げ、

西住筆頭代表の統率の元、

準備をしてきました。

 

舁き縄を工夫したり、先取り(山笠の運転手4名)の意思疎通を計ったり、

舁き手を調整したり、舁き方講習をしたり

 

それらがどれだけ機能したかは、年に一度しかない機会なので測ることはできません。

 

何よりもそのような姿勢で取り組んできた参加者全員が、

なんとしても止まらないという意識を共有できたことが、

一番良かったんじゃなかろうかと思います。

 

結果、今年の岡の山は、

最も美しい宮入れをし(自己評価 笑)、

追い山、流れ舁き共に、一度も止まりませんでした。

 

来年もがんばろー!