読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

教養と経験

これは、愚痴です。

普遍性にかける、私の愚痴です。

 

思考の結果出てくる発想、あるいはもっと単純に言葉というのは、

その人の基盤を表している。

 

私は、よくその基盤の希薄さに苛立ちを覚える。

 

すべての人の発想や言葉は、平等ではない。

 

子供の意見と、大人の意見が、

法上の区分によってではなく、

価値に違いがあることに、

その不平等の存在が現れていると言える。

 

そうではないこともあるが、

それはその存在の否定にはならない。

 

ただ、その不平等の中で、

子供の意見に価値があることはまれだが、

大人の意見に価値がないことは、頻繁にある。

驚くほど頻繁に。

 

これは、大人として恥ずべきことだ。

このような出来事の原因は、

表題である、

教養と経験にある。

子供の意見が重要ではないのも、ここに原因があると言えるだろう。

 

まず、用語として、

 

教養とは?

㋐学問、幅広い知識、精神の修養などを通して得られる創造的活力や心の豊かさ、物事に対する理解力。また、その手段としての学問・芸術・宗教などの精神活動。
㋑社会生活を営む上で必要な文化に関する広い知識。

 

経験とは?

実際に見たり、聞いたり、行ったりすること。また、それによって得られた知識や技能など

 

である。

 

読んでわかるように、教養とは雑学ではないし、

偏差値で表現されるものでもない。

物知りであるかどうかでもない。

 

経験は、読んだ通りの解釈で問題ない。

 

会議などで、本質を捉えられない方は、

たいてい教養がない。

意見に深みがなく、表層的な話ししかしない方、

客観的に物事を捉えられない方、話の抽象度、具体度を把握できない方は、

教養がない。

 

なぜそうなるのか?

 

それは、頭の中の材料が足りてないからである。

思考のパターンから、事例まで、足りてないのである。

それらがないため、0から考えることになる上に、組み立てることができないのである。頭の中で、俯瞰する余裕が作れないのである。

かわいそうに脳みそが、労働を搾取される賃労働者となっているのだ。

 

次に経験だが、私は教養>経験の価値観を持っている。

 

経験とはもろい。

あまりにも特殊で、偶発的で、具体的だからだ。

さらに、人生80年。どんなに長い経験でも、これを超えることはまれだ。

人類史500万年のうちのたった80年である。なんと儚い。

(私たちはそれしか持ち得ないという、幻想的なアドバンテージがあるのは否めないが。。。) 

 

またこれがあることによって、その偶発的な出来事を絶対的なものと勘違いし、

他人に押し付けることがしばしばある。

 

まったく迷惑な話であるし、特定の経験が、

他人にも有意義であると、確証を得ることはできない。

 

総じて、私は、経験の有無にさほどの重要性はないと考えている。

どのような経験も、主体が代替可能であるし、不可能である場合は、

あまりにも特殊なため他に対して関与が皆無と言えるからだ。

 

教養がない方は、経験で語ろうとする。そしてそれを押し付ける。

昨今の大人はその傾向にある。特に戦後を生きて来た世代。

 

私の人生も決して長くはないが、教養のある方に出会ったのはほんの数名である。

 

ついつい、「教養がないことは悪いことではないけど」と普段言葉を濁してしまうが、

それは、悪いことだと言ってしまいたい。

その言動の稚拙さと発想の狭さを、、、

 

教養がなく経験で語ることは、愚かである。

大人の無知は、罪である。