読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

確信

大切にしていきたいこと 好きなこと

ここ数日の記事は、心の変化から、抽象的になっていますが、

言葉が見つからないだけで、頭がおかしくなったわけではありません。

頭がおかしいのは、たぶん元からです。笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

目を開けていられないほどの夕日を見たことがある。

 

それは、私のためではなく、私のためでもある。

 

それは、父や母の注いでくれる愛情に似ている。

 

私はその眩しすぎる愛情を、眩しすぎるが故に、

ちゃんと見たことがなかった。

 

だから、知らないんだと思う。

 

 

でも、誰しも、それを注ぐ側にまわる瞬間が来る。きっと来る。

そんな気がしている。

 

たぶん、それは誰かの純粋な心に触れた時に起こるもので、

自分一人で考えて、まわれるところではない。

 

その瞬間は人それぞれで、

子供ができた「時」、かけがえのない友に出会った「時」、

大切にしたいと思える女性に出会った「時」。もしかしたら何かを失った「時」。

 

それは突然訪れるのだけど、正確には突然ではなくて、

その人との「間」がゆっくりと縮まって、その「間」の中で、

突然その「時」がやってくる。

 

理解できないその感情に戸惑い、それに接しながら確信を持つ。

 

自分のためにあった世界が、世界のための自分になる。

何かに貢献したいわけではない。世界をよくしたいからそう思うわけでもない。

 

こみ上げるように、こう思う。

この人を大切にすることは、「自分のため」を超えて、まだあまりある。

 

それを感じた瞬間に、何かとても優しくなれたような気がした。

 

人間の価値を問いに訪問したアッシジで、

唱えた「平和の祈り」の言葉。二節の一文目を想う。

 

ああ、主よ、慰められるよりも慰める者としてください。
  理解されるよりも理解する者に、
  愛されるよりも愛する者に。

 

言葉を読んだあの瞬間が、心に種をまいていたのかもしれません。

 

一年と数ヶ月が経って、

手のひらを太陽に翳した時に感じる生きているものの実感に似た

収穫をさせてくれているように思います。

 

私は何に感謝すればいいのだろう。感謝する先が多すぎる。

きっと本当は全てがそうなんだ。

 

何を通してそれを想えるか。

私は一つ見つけた。

きっとそれが「大切」と言えるものなんだろう。

 

f:id:nobukicorner:20160904194634j:plain

 

平和の祈り全文

 

主よ、わたしを平和の器とならせてください。
  憎しみがあるところに愛を、
  争いがあるところに赦しを、
  分裂があるところに一致を、
  疑いのあるところに信仰を、
  誤りがあるところに真理を、
  絶望があるところに希望を、
  闇あるところに光を、
  悲しみあるところに喜びを。

ああ、主よ、慰められるよりも慰める者としてください。
  理解されるよりも理解する者に、
  愛されるよりも愛する者に。
  それは、わたしたちが、自ら与えることによって受け、
  許すことによって赦され、
  自分のからだをささげて死ぬことによって
  とこしえの命を得ることができるからです。

 

f:id:nobukicorner:20160904194915j:plain