読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

個性

先に僕の愛機を紹介します。

f:id:nobukicorner:20160908220251j:plain

sigmaのdp1です。

こんななりですが、一眼ではありません。もちろんミラーレスでも。

コンデジの類です。

 

ズームはできません。単焦点です。

重くてでかいです。

手振れ補正は付いていません。

動画も撮れません

iso感度は6400まで上げられますが、

使えて500くらいまでです。

バッテリーの持ちも悪いです。

価格も高いです。一眼並みにします。

 

僕は、この不便なカメラが大好きなんです。

以前はフルサイズの一眼にカールツァイスのレンズをつけて、

ニヤニヤしていましたが、いまは、このカメラが大好きです。

 

僕は、せっかちで早いことはいいこと派です。

人の二倍のスピードで作業すれば、人の二倍休んでも大丈夫、というような基準で動いてきました。確かに立ち止まる時間は二倍に出来るから、それで得したこともたくさんあります。

できるだけ早く、効率的に、無駄なく、あらゆるものの関係を、そんな風に考えてきました。

気づくと呼吸もほとんどせずに作業をしていたり、意味なく早く着くことを目指していたり、してしまいます。

 

そんな僕の個性を、

僕自身あまり好きではなくなりました。

 

だから、この不便なカメラが好きなのかもしれません。

一枚撮るのにたくさん気を使って、手間をかけて、それでも綺麗に撮れない時もある。

 

一つ一つの営為を、

深呼吸をしながら進めたい。 

 

中心以外にも目を向けたい。

 

回り道もたくさんしたい。

 

時間の使い方は、そのままいのちの使い方になる。

 

 

あ、使命って、命を使うって書くけど、

時間の使い方を決めることなのかな。