読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

好き

今日は朝から百年読書講座でした。

 

今回から中学生も参加です。

 

課題図書は、スタートに戻ってショーペンハウアーの「読書について」

古い哲学書です。

 

彼らにとっては、始めて触れる哲学書。

 

内容を大人2人がまとめてきて、説明します。

 

節ごとに、感想や、どんなことが書かれていると思ったか、

彼らに尋ねました。

 

その感想を聞いた後に、僕が噛み砕いて説明をします。

 

この過程で、とても驚いたことがありました。

 

普段は多くを語らない、一人の女の子が、

内容を饒舌に語るのです。

 

あの難しいショーペンハウアーの文を語るのです。笑

 

もちろんまだ自分で読んできてまとめなさい!というのは、

させていないんですが、今日聞いて読んだ内容を語るのです。

 

彼女は、読書好き。

きっと好きだからだろうと思います。

 

「私たち中学生はこういういろんな本に触れる機会が少ないから、こういう機会がもっと欲しい」と、願望を聞いていないのに、願望を残していきました。笑

 

それ自体も意外。

素敵すぎる!

 

昨日、ふらんす屋さんで買ってきた、

チーズケーキをニヤニヤしながら食べられそうです。笑