読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

20年後の絶対

僕「20年後はYさんと同い年かー、なにやってんだろうね」

 

「なにやってんでしょうねー、全然わかんないですねー」

 

僕「わかんないねー、でも絶対今とは違うことをしてると思うなー」

 

「あー、でも意外と絶対とは限らないかもですよ。意外と意外と」

 

と、その人は、僕の20年後の絶対をぼやかしてくれました。

 

「決めつけはいけないなー」というその人を前に、

たまに「絶対」を使いたくなってしまいます。

たまに決めつけて、なにが返ってくるのか試したくなってしまいます。笑

 

でもたまに同じ「ような」ことをされているような感覚もあるからイーブン。

 

 

「絶対」

  1.  他に比較するものや対立するものがないこと。また、そのさま。「―の真理」「―な(の)存在」「―君主」
  2.  他の何ものにも制約・制限されないこと。また、そのさま。「―な(の)権力」

 

 

という意味だそうです。

 

 

比較対立するものもなく、制約も制限もされない、

なんてことは「絶対」ありえないんだけど、

もし僕が「絶対」という言葉を使って、

誰かの拠り所になるんであれば、

うまいこと使っていきたいなーと思います。

 

あー、なんか、

思考を停止させてしまう「絶対」と、

誰かの思考を支えられるような「絶対」がありそう。

 

あー、これも「絶対」と対峙したからか。やられた。