読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

手放す。

僕たちも手放すタイミングが来た。

そんな気がする。

 

最初に握りしめた、あのなんだかわからない答えらしきものを。

 

三年で一区切りなのかもね。

 

この最初の答えは、なにも見ぬまま産んだ答え。

手放すのも遅すぎたのかもしれない。

ただ、その答えにすがって、糧になったこともおおいにある。

 

「本当の夢は10年しないと生まれてこない」と近藤文夫さんに言われたけれど、

きっとそこに向かっているんだろうと思います。

 

先日、久しぶりに主催ではないプログラムに参加して、

半分スタッフとして動いた時に、

「普段、自分はやれることを全部やっていない。しかもいろんな機会を潰している。」ことに気がつきました。

 

まだ深く行ける、という感覚があります。

なんかいろんなヒトモノコトに感謝です。