読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

自己の大きさ、ないしは小ささについて

三粒の種のお話 大切にしていきたいこと

投影された自己を立ち振る舞わせる舞台において、

その投影された自己と舞台の関係を、

どんな大きさ、ないしは小ささで、在らせるのか。

 

舞台の大きさは一定。たぶん。

認識する幅で大きくも見えるし、小さくも見えるけど、

在るものとして在る。からそもそも大きいとか小さいとかの話ではない。

 

投影された自己の大きさ、ないしは小ささは、

内的な相対的関係において、その大小を自己認識する/していない場合もある。

 

例えば、町おこしのためにイベントを催します。といった場合、そこに投影される自己は、大きい。

 

世界平和のためにゴミを拾います。といった場合、そこに投影される自己は、小さい。

 

意識して、大きくすることもあれば、小さくすることもあるけれど、

向き合ったコミュニケーションをする上で、大きさ、ないしは小ささを、

認識していくことは大事なのではなかろうかー。

 

※大小に善悪は一切関与しておりません。