読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

「変わる必要がある」について

社会や人類に向けて、

「変わる必要がある」と言ってる人によく出会う。

し、僕もそのように思っていた。

 

でも、

「変わる必要のあることなんて、そんなにないんじゃない?」

と、最近思う。

もう少し踏み込むと、

「変わることは解決策じゃないんじゃない?」

と思う。

 

変えようと提示する善は、悪があるからこそ善なんだと思う。

 

そして、その善が、悪がなくなったあと善である保証はどこにもない。

 

認識の向上の中で、増える区分。

それに伴って増える悪と認識されるもの。

 

たぶん、それはこれからも続いていく。

 

きっとそんななかで増えていく問題を解決するためには、

それはそれとして、これはこれとして、境目がないことを認める、

あるいは境目を消すことを意図することが、

必要になってくるんじゃないのかなと思う。

 

ソフィストがはびこり始める。

答えという言葉いつか消えてしまうような空気も感じています。