読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

 

気がつけば、大晦日でした。

 

地域の神社で慌ただしくお蕎麦を振る舞っていると、

知らぬ間に年が明けておりました。

 

それくらいに本当は境目がない。

 

f:id:nobukicorner:20170101211404j:plain

 

なので、まだ2017年にピンときておりません。

 

2017年を噛みしめるために、

少し振り返ってみようと思います。

 

昨年は、「向き合う」ということに向き合った一年でした。

正確には、3分の2年くらいかな。

 

自分とも、人とも、やっている事とも。

 

f:id:nobukicorner:20170101210140j:plain

 

弱さと、在りたさと、源泉と。

 

蓋をしていた、あるいは端に避けていた、もしくは忘れていた、

それらに、

恒常的な心の豊かさと人生の明るさを感じさせる何かがある。

そのように強く思いました。

 

そして、何かに対する在りたさが、

世界の見え方を変えることも知りました。

 

また、大切さへの向き合い方が、

世界への向き合い方へ影響を与えることも知りました。 

 

そんな感覚を与えてもらった。大きすぎます。

 

何に感謝すればいいのかわからない。そんな感覚に陥ります。

実際は、「何もかもに」なのかもしれません。

 

振り返ると、そんなことを思う昨年でした。

 

振り返って、足元には、2017年

 

まずは、不可分さを感じる目の前の大切な「鏡」に、

「ありがとう」と、「今年もよろしくお願いね。」

を言いたいと思います。

 

P.S. 年賀状の準備が間に合いませんでした。

これから書きます。すみません。