津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

見ているものの表現について

見ているものを、そのものとして表現しようとした時に、

 

それに関して、「ではない」を無限に羅列することによって、

その具体性というのは増して行くが、

その表現の中に、それ自体はない。

 

確実に、

それがある表現というのは、

単純な一言で表されるが、

そこには、それが何と違うのかが含まれていない。

 

なので、

それ自体を表現しようとしたときに、細く小さくなっていく。

 

他人を正確にとらえようとすればするほど、

その人のその人たらしめる部分というのは、細く小さくなっていく。

 

ジャコメッティがやりたかったことって、

そういうことなんだと思う。