読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

保育園の芋掘りをしました

今日は福津市にある保育園の芋掘りをお世話しました。

 

0歳〜2歳の子供たちが、18人。

 

当然、掘れないので、

一度掘り上げて、また見えるくらいに埋める作業をしました。笑

 

その場で焼き芋もして、美味しかったようでなによりー

サツマイモって取り立ては甘くないんですけどね 笑

気分の問題ですね 笑

 

f:id:nobukicorner:20161031200637j:plain

 

農薬も、肥料も使っていないサツマイモ。

使っていないことが善であるということではなく、

重要なのは彼らが食べるものとして、手間と暇と愛情を注いだことだと思います。

 

安全で美味しいものとしてのそのような食べ物ではなく、

愛情がより多く注がれたものとしてのそのような食べ物として、

広がっていくことが、僕は健全だと思います。

 

11月26日(土)〜27日(日) 大島牧場へ行こう!01

宗像市にある大島。

近すぎる島で、僕は今年の5月まで行ったことはありませんでした。

 

釣りをする人は結構行くのかな??

 

人口は700名程度で、福岡県では一番大きな島です。

大島といえば海!と言うイメージがありますが、

原生林の残る山が、島全体に広がっています。

 

その島に、人知れずある大島牧場。

 牧場といっても数年前から、牧場としての活用はお休み中。

草も木も、ボーボーです、、、せっかく綺麗なところに設備があるのに、、、

 

f:id:nobukicorner:20161027220732j:plain

 

 

そんな大島牧場ですが、

お世話になっている、すすき牧場さん(宗像)が、

今年から管理することになったんです。

 

nobukicorner.hatenablog.jp

 

 

「ただ牛を飼っても面白くないから、人が来て何か楽しめる場所にしたい」という、すすき社長。

 

 

今後、子供が体験を通して楽しめる場だったり、菜種をまいてお花畑をつくったりと模索しているところです。

 

とはいえ、数年放置状態なので、荒れに荒れておりまして、

今後の活用のためにも、まずは整備(草刈りとか)からといった状況です!

 

そこで、

一緒に草を刈り、

種を蒔き、

夕日を見ながら宗像牛のBBQをし、

酒を飲み、

朝ごはんを食べ、

トレッキングをし、

パエリアを食べ、

船で帰ってくる、(長い)

仲間を募集いたします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日 程:11月26日(土)11時〜

   11月27日(日)15時ごろ

集 合:神湊渡船ターミナル 11時

参加費(実費):

    大人(中学生以上)9000円 

    子供(小学生以下)8000円 
※宿泊費、夕食、朝食、昼食の費用をだいたい見込んだ金額です。ほぼ実費です。
※フェリー代(片道 大人560円、子供280円)、26日昼食 渡船ターミナル駐車場代(400円) 別 

持ち物:参加者に個別でお知らせ!

定 員:10名程度

お申込:①お名前、②人数(大人何名、小学生以下何名、乳幼児は参加費要相談)③電話番号、④メールアドレス

上記を、このメールアドレスまでお願いします。

info@san-tane.com

申込締切:11月22日(火) 

 

 

 プログラム

11月26日(土)
11:00 神湊ターミナル 集合
11:15 乗船
11:30 大島到着
12:00 整備のお手伝いをする牧場まで移動→すすきさんの車でピストン移動
    昼食は持参か、ターミナルで購入
13:00 大島牧場の整備手伝い 草刈り、菜の花の種まき
16:00 作業終了
16:30 民宿つわせ 到着
17:00 夕陽を見る BBQ
22:00 就寝(場合によってはこの限りではない♪グラッパ持参します。)

11月27日(日)
7:00 起床
7:30 朝食
9:00 トレッキング 中津宮出発
    2hコース、3hコース有り
11:00 2hコースの人、砲台跡のある牧場へ到着→昼食準備
12:00 3hコースの人、到着→昼食(パエリア)
13:00 出発 徒歩でターミナルへ
14:40 乗船
15:00 神湊着 解散

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主に、

すすき牧場さんに興味がある人、関わっている人

三粒の種に興味がある人、関わっている人

との、親睦を深めるような機会にしたいなと思っているし、

そうなると非常に嬉しいです♪

 

僕(三粒の種 角)も整備のお手伝いにいくという感覚でおりまして、

その仲間がいるといいなーという感じです!

 

なので、全てしてもらえて快適なプログラムというよりも、

一緒に汗をかいて、同じ釜の飯を食う、感じのプログラムになっております。

 

一緒に気を配りながら楽しめたらなと思いますー!

 

いやー、楽しみ楽しみ♪

 

 

f:id:nobukicorner:20161027224119j:plain

f:id:nobukicorner:20161027224121j:plain


 

意外なことも、わからないことも多い。

何がどうなるかわからない。

 

グーテンベルクが印刷機を発明したおかげで、

眼鏡が普及するとは思ってもみなかったし、

そのおかげで、顕微鏡ができるとも思わなかった。

顕微鏡の発明から20年後、望遠鏡ができ、ガリレオが地動説を説いた。

もー、うそん。の世界である。

 

その覗くためのガラスが、発達して、

このインターネットを編んでいることも信じがたい。

 

数年前までツイートは、ささやかな鳥のさえずりのことだったし、

クラウドは、ただの雲のことだった。

 

世界で最初にクーラーがついたのは、パラマウントの映画館だし、

100年前にまだ真空管はない。

 

何がどうなるかわからないし、

どうなっているかもかなりわかっていない。

 

蝶々の羽の風がハリケーンを起こす理屈も、存在を疑えない。

 

だからこそ、みんな何かを描きたくなるんだろうと思う。

 

f:id:nobukicorner:20161023232053j:plain

いいカフェを見つけました。

昨日の夜から、

ジョウロで注ぐような雨が降り続いています。

 

この中途半端な雨が、僕を休みへと誘ってくれます。(畑作業をしなくていいという意味で 笑)

 

そんな今日は、本を読もうとカフェを探していました。

 

美味しい飲み物がでて、好きな体勢で本を読めて、静かで、多少独り言を言っても大丈夫で、

美味しい昼ごはんが食べられて、好きな本がたくさんある。

 

そんなカフェはなかろうかと、探しておりました。

 

見つけました。

 

美味しい紅茶に、美味しいカルボナーラ、いくら独り言を喋ってもいいし、寝そべっても大丈夫。

 

f:id:nobukicorner:20161022222253j:image

 

ただ、難点があるとすれば、すべての準備と片付けを、

自分でしないといけないということくらいです。

 

結局うちの事務所は、最高に良い。

 

 

学生企画実行部との関わり方

今年の4月から始めた学生企画実行部は、

メイン3名、緩やかに関わっている子 2名

の、約5名で活動を進めております。

 

ちなみに、活動は毎日です。

土日も活動するときはします。

通常の部活と思ってもらったらイメージしやすいと思います。

 

そして、民間の部活動なので、お金を取っているのかと思われがちですが、

部費は毎月3000円で、消耗品と彼らの活動時に出る食費、交通費に消えていく程度な訳で、

つまりは、ノンプロフィットで行っています。

 

これは僕がやりたかった自分のお金と時間の使い方でもあります。

 

この部活動、

主には、地域や社会のために、

自分たちでプロジェクトを考えて、自分たちで実行する部活動です。

 

彼らの活動三か条は、

・地域をよりよく。

・自分たちの力で。

・答えを創る。

 

現状、プロジェクトは、

 

・地域の見守り効果向上(市から補助金、もちろん彼らが企画もプレゼンも行った)

・防災訓練のマルバツクイズ(依頼仕事)

・通学合宿(実施未定、補助金のみ確定)

・2泊3日サイクリング(部員の趣味の延長)

 

4つ走っています。

 

なので、彼らは結構忙しいです。笑

学校が終わって、17時〜18時30分までの時間しか活動できないので、

毎日活動しても足りないくらい。

しかも、学校の部活と異なり、何をすべきか考えるのも自分、どうするのか決めるのも自分、なので、いろんなことにかなりの時間がかかります!笑

 

そんな活動の中で、僕が心がけていることを、

書いておこうと思います。

学校の部活には馴染めないけど、何かしたい子の受け皿になれるかもしれないし、

そもそもこんな場所を求めていた!という子の目に止まるかもしれないし、

誰かの何かになるかもしれないからです。

 

現在ですが、3人〜5人の子を、一人で見ている時間が圧倒的に多いです。

 

なので、

受け入れてくれる大人、

褒めてくれる大人、

支えてくれる大人、

面白い大人、

厳しい大人、

 

というだいたい5つのキャラクターを意識しています。

そのキャラクターから僕の関わり方を書いてみようと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・受け入れてくれる大人

彼らの性格や発言、嬉しいこと嫌なこと、基本的には全て、

否定せず受け入れるということをしています。

またネガティブな発言もそれを受け入れながら、そのポジティブな側面を伝えることも行っています。

ただ、彼らの生ぬるい馴れ合いだけの依存先になる場所、人ではない(その役割は多分学校の中の保健室とかが担う)ので、彼らのいろんなことを深いところまで問い、掘り下げ、しんどいくらい考えさせるということもしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・褒めてくれる大人

ささやかな一歩でも褒めるようにしています。それは彼らの中での一歩なので、どんな場合でも手放しに褒めていいものです。

ただ、「中学生なのにこれだけやってすごいね」と、外の人が褒めてくれることに関しては、感謝はしても、それで喜んではいけないと言っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・支えてくれる大人

考えが出ないとき、行動に移せないとき、添え木となって、

ともに手足を動かすことも行っています。

ただ、失敗をさせないということではありません。

挨拶や礼儀を欠くとどうなるのか、まだ知らない彼らに、

実際にどうなるのか、失敗的な経験をさせたりもします。笑

支えつつ、梯子を外しつつかもしれません 笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・面白い大人

楽しく話を進めたり、アイデアを出すためには、楽しい場というのが大事です。

なので、馬鹿話をしたり、話を少し脱線させてみたり、ダジャレを言ってみたりしています。それなりにスキルと経験がいるんですよね、これって。疲れるし、、、

ただ、その楽しい場を作りだすことも彼らが身につけていかないといけない能力なので、最近は僕がいない間に考えさせる時間なんかもちょっとずつ増やしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・厳しい大人

彼らは、何をどれくらいまでやれば良いのか、まだ知りません。

特にこの部活は社会と接点を持つ活動なので、学校のレベルで妥協していては、参加してくださる人や、税金を払ってくれている人(市からの補助金も使っているので)に示しがつきません。

なのでときには、「その企画全然楽しそうじゃないね。イメージできてないでしょ」「参加してくれる人が、これに参加してどんな気持ちになって欲しいの?それで本当に君たちの目的は達成されるの?」「何が大事か考えながらやってる?」「甘えるなよ。答えは君たちが創らないといけないんだ」

と、厳しくあることもしています。

 

信頼していて、普段は面白い人が、

何で厳しくなったり怒ったりするのか、そんな経験も飛び切り大事だと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この5つの役割を一人でこなすのは、結構しんどいし、

僕にも向き不向きがあるので、完璧にこなせているわけではありません。

なので、必要なときは、必要な人に声をかけています。

 

そして、手伝ってもいいよ、という方は、積極的にお願いしたいので、

教えて欲しいです。

 

学生企画実行部運営委員会を作りたいし、

顧問団を作りたいなーと思っています。

 

最後の方はぼやきとなりましたが、

このような形で、部活運営しております。

 

来れ!少しの新入部員。一学年3人くらいが限界かもしれんけど。。。笑

通えるならどこの中学校でも高校でも大丈夫です。笑

f:id:nobukicorner:20160904140415j:plain

とあるやりとりと、

とある日のお野菜を取ってくれている方とのやりとり。

 

f:id:nobukicorner:20161021103432j:plain

うーさん

安納芋、甘くてとても美味しかったです(≧∇≦)

おいもボーロを作ったら、いっぱい食べました!

離乳食にも手作りおやつにも安心して食べさせられるし、

おいも以外のお野菜も味が濃くていつも感激の美味しさです。

いつもありがとうございまーす♪

 

ぼく

ふふふふふ、ありがとうございます♪

ふふふふ お芋ボーロ僕も食べたい、、、笑

 

うーさん

ふふふふふ、お芋とひじきのクッキーも砂糖なしで甘くなりました♪

ボーロ、大人も手が止まりません~笑

 

ぼく

なんと、なんと、、、 ひじきが出会いましたか、、、 天才、、、

このやりとりブログに載せたりしてもいいですか??笑

 

うーさん

はい、畑と海の出会いです♪

ブログ、もちろんOKです! 作ってもらって、届けてもらって、こういう風に美味しく頂いてます!って言えたらいいなぁと前から思っていたので(*^-^*)

 

ぼく

ありがたやーありがたやー!

農家さんに直接伝えられるいい方法を考えねばーと思っているんですよねー、、、

 

うーさん

自分のインスタグラムではちょいちょい載せてるんですけどね~

ありがとうの会に参加させてもらって、尚更思いました。

お野菜と一緒に、こうやって食べましたーって書けるアンケートみたいなのを渡して、次週の配達時に回収するとか? 集計とか大変だったら、お手伝いさせて下さい\(*^▽^*)/

 

ぼく

ありがとうございます♪

アンケートよいですねー♪ 顔とか温かみも伝わるようなアンケート方法ってないですかねー、、、笑

お手伝い、ふふふふふ、お願いするかもしれません、ふふふふふ

 

うーさん

そうですね~、文字だけじゃなくね~ ありがとうの会の時、ビデオレターみたいなの上映できたら、来られない人も参加できるし、皆で共有できますねー

顔とか温かみの伝わるアンケート方法… ひらめくといいなぁ~

 ふふふふふ、お手伝い 喜んで! ふふふふふふふ
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ふ、がやたらと多くて気持ちが悪いけれど、
津屋崎内のいわゆる「お客さん」(友人と思っているけれど)との嬉しいやりとりです。
 
 
温かみとか優しさを、日常的に伝えあえる方法はないだろうか。
僕は、それを地域という僕の手の届く範囲に据え置きたいし、
僕が何かを売っているとしたら、それを売っていると言いたい。
 

ボーダーがぼんやり

僕が行う活動は、必要な事をシンプルに行う、ということを大切にしています。

 

必要な事だからこそ、誰でも出来ないといけないし、

何かとの違いを狙ったひねりは、本質から逸れる/逸れやすい、と思っているからです。

 

そんな想いの中で、現在力を入れているのが、

・作る人、食べる人が、お互いに想いを馳せられる環境の中で野菜を流通させる事

→地域の野菜を地域の人に届ける仕事

 

nobukicorner.hatenablog.jp

 

・中学生に社会の中で役割を持ってもらう事

→民間運営の部活「学生企画実行部」

 

nobukicorner.hatenablog.jp

 

 

の二つです。

 

きっとどちらも古くからある当たり前です。

かつては近場の顔がわかる人が作った野菜を、食べていたし、誰が食べているかもある程度わかっていました。

それに、中学生くらいの子供が地域で仕事をして何かしらの役割を担っていたのも当たり前にありました。

 

僕は、町の中って一人の住民がいくつかの役割を持っていて、

それが少しずつ重なりながら、非効率に成り立っている方が、

楽しそうに見えて、コミュニケーションも多くて、

つまりは「豊か」だと思ってるんですね。

 

そのためには、ボーダーがぼんやりしていることが必要で、

食べる人と作る人が明確に離れていなかったり、

作る人と使う人が明確に離れていなかったり、

子供から大人への区分や、役割の有無も明確に分かれていなかったりが、

結構重要だと思ってるんですね。

 

 

だから僕は何をやっているかわからない人くらいがちょうどいいんだと思ったという話です。