読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

大きなビジョンと小さな手

起業して、5年目。

 

僕の手は、小さい。

 

僕のビジョンは、

「与えることで回る社会」をつくること。

 

それを、100年、200年、あるいはもっと、それ以上の時間をかけて、

1000年後、2000年後の未来のために作っていきたいと思っています。

 

何から始めていいのかもわからないのに、

大学院をやめ、起業し、思うことは、できる限りやってきました。

 

振り返っても何もない。

 

精神的喧騒の中で本質を探し、

経済的主流に則ることに対して葛藤し、

人間の「楽」へ訴求することに反発してきました。

 

その探求と制限の中で、得られた精神の変化というのが、

自分のやっていること、目指しているものへ向かっていることを、

肯定できる唯一の事象だったように思います。

 

だから、肯定できる部分というのは自分の中にしかなくて、

外にはありません。

 

だからこそ、振り返っても何もない。

 

でも、なんだかもうすぐスタートラインに立てるような気がしています。