読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

読む。

大切にしていきたいこと 好きなこと

一冊の本がある。

少し小麦色だが、まだ色あせてはいない。

きっと新しい本だ。

 

開いてみると、そこにはまだ文字がなかった。

 

もしかしたら、ないのではなくて、

文字が追いついていないのかもしれない。

 

 

僕は、そう感じた。

 

明確に空白ではないが、

文字のない1ページ1ページを、

無性に読みたくなった。

 

定型化された記号のそれとは明らかに異なり、

その1ページ1ページは、雰囲気を物語る。

 

どうやら文字を置き去りにして、物語は始まっているようだ。

 

でも、まだ僕は物語を言葉にできない。

 

その雰囲気の連続は、一つのシーンのように読めてきた。

素足の少女が駆けだしたような。

何に向かっているんだろう。

 

きっと数多くの大切なものの一つにちがいない。

 

今日はもったいないが、本を閉じよう。いや、閉じられた。(笑)

その雰囲気を、僕の心の中に留めるために。

その雰囲気を、本が文字にするために。

 

明日はちゃんと読んであげられるだろうか。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

次の日、また本を手に取った。

 

とても清々しい。

その本の1ページ1ページを読もうとする僕の心は、

今までにない明るさと朗らかさを纏っている。

 

でも、何かわからない。

たまに、僕の都合のいいように読みたくもなってしまう。

都合のいいようにページをめくりたくもなってしまう。

 

その本が求めていることは、きっと違うことなのに。

 

まずは、

この本を、僕のためにではなく「大切」にしよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー