読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

三粒の種のお話 vol.1

今、僕は三粒の種という会社を経営しています。

いつでもそこにある「当たり前」を捉え表現し続けること。

それが、三粒の種がやって行く事です。

 

三粒の種は、僕の人生の化身なのかもしれません。

 

そして、僕の人生と同様、いろんな人の支えで生まれ、成長しています。

 

僕たちのこの会社が、「経済」という環境(顧客のニーズに応え/ニーズを作り、お金を儲け続けなければ存続出来ない環境)に適応出来るものなのかはわかりません。

反「経済」的なコンセプトを僕自身が持っているし、「経済」というものを変えたいという思いもあります。

何かあったときのために、この三粒の種の物語を、綴っておきたいと思います。

僕が三粒の種にたどり着くまで、形にするまで、形にしてから。

三部構成で書いて行こうと思います。