読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津屋崎・毎日の大切なこと

津屋崎で日々暮らすなかで、耳にし、目にし、口にする、いろんなモノゴトを、自分の軸を持って綴ります。

青も、赤も光である。

青が好きだ、青にしよう。

 

青じゃダメな気がしてきた、赤がいい気がする。

 

赤にしよう。

 

 

 

しばらくして、

青には青の美しさが、赤には赤の美しさがあるんじゃないか。

そんな風に思い出す。

 

 

 

そして、きっといつか気づくのです。

実はそこに境目はなく、

光以外の何物でもないことを。

 

4月の畑参観日のお知らせ!

【4月の畑参観日のお知らせ】

畑参観日は、
津屋崎の農家さんと畑を参観して、
農や、野菜を身近にするためのイベントです♪

今年は、さんたね畑への訪問を中心にして、
少しテイストを変えて実施していこうと思います!
というかちゃんと計画的に実施したいと思います。笑

今年2回目となる4月は、種まきを行います♪
ルッコラ、ズッキーニ、かぼちゃ、生姜など!

ほっといてもできるようなものを蒔いて、
ルッコラ、ズッキーニは、6月ごろ、
生姜は、秋ごろ収穫ですね!

注意!
当初、4月16日(日)を予定しておりましたが、
よっちゃん祭の準備ががっつり入ってしまったので、
15日(土)に変更しました!ご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と き:4月15日(土)9時〜11時くらい

ところ:津屋崎渡のさんたね畑

参加費:一人500円

定 員:10名(子供含む)先着順にします!

持ち物:汚れてもいい靴、手袋、肥料が欲しい人はビニール袋、水筒

雨天時:ズッキーニ、かぼちゃ等、ハウスの中で苗を作れる野菜の種まきのみ行います。

申込み:以下内容をメールしてください。
①お名前②参加人数(大人、子供)③連絡先
メールアドレス→ info@san-tane.com

集 合:お魚センターうみがめ第二駐車場
〒811-3304 福岡県福津市津屋崎4丁目1187
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:nobukicorner:20170326092452j:plain

中学生たち初めての助成事業報告会

昨年5月に採択された高齢者と小学生の交流事業の報告会に向けて、

準備が進んでおります。

f:id:nobukicorner:20170309224044j:image

 

明日が本番なので今日は本格的なリハーサル。

 

5分の持ち時間で、

4分52秒、4分51秒、4分53秒と安定した発表。

文面も彼が1人で考えました。僕が突っ込んだのは、

「税金がからむ報告会だから、成果は事実を捉えて伝えないとね」

ということくらい。 

 

発表者以外の部員は、

よっちゃん祭(地域のお祭り)への出店の試作も兼ねて夕食を準備。

f:id:nobukicorner:20170309224542j:image

 

5月のプレゼンの時には、遅くなった場合は夕食を我慢して頑張っていました。

ですが、一年経った今、役割分担してほぼ勝手にやり易いように出来るようになりました。笑

頼もしい 笑

民間学童始めます。

在りたい姿を描けるようにと始めた教育事業。

 

昨年秋、4年目に入る頃、見直しを開始しました。

 

わかりやすく、やろうとしていることを、

振り切って!と作ったのがこれです。

 

今までは塾でした。

 

4月からは、生活の一部となります。

 

そして、本当の意味で、

地域と共に育み育まれる場として、開いていきたいと思っております。

 

詳細は、チラシにて↓

f:id:nobukicorner:20170214212235j:plain

 

f:id:nobukicorner:20170214212234j:plain

 

城崎国際アートセンターへ行ってきました。

1月頭、大寒波が襲ってきたあの日。

 

僕は城崎にいました。

 

福岡で、城崎といっても馴染みがないですが、

大阪京都では、かなりメジャーな温泉地だそうです。

f:id:nobukicorner:20170206141849j:plain

 

ただ、目的は湯治ではありません。

 

軸は、教育。

 

「学校教育」では

input(授業)と、output(テスト)に、焦点が当たっていますよね。

これもすごく大事。 

 

でも、たぶん一番大事なのは、その中間。

 

input-process-output

f:id:nobukicorner:20170206152100j:image

 

processのところなんですよね

処理とか、過程と思ってもらえたらと思います。

 

何を認識して、どう捉えるか。

 

それに対して、教育的立場として何ができるのか、模索するために城崎へ行ってきました。

 

たぶんこのprocessの部分を育むのは、基本的には経験なんだと思うんですよね。

嬉しかったり、悲しかったり、憤ったり、そんな感情の盛衰を何度も経験していく中で、自分の立場や視点の転移(相手の立場に立つとか、視点を変えてみるとか)が出来るようになる。

そうすると、向き合ったり、汲み取ったり、寄り添うことが出来るようになるんだと思うんです。

 

 じゃあそれを教育の現場でどうするんだ?というところなんですが、

城崎では、小学校で演劇の授業が取り入れられているんです。

 

例えば、「椅子に座った人を立たせてください」というようなお題が子供達に投げかけられ、設定やセリフ、展開を彼らが考え、実際に芝居するという感じ。

 

これって、お遊戯に見えますけど、

座った人の立場になることや、展開の想像、話し合いの上での意思決定等々が必要になるんです。やってみるとこれってすごく難しい。

 

今回の視察で多くのヒントを得られました。

自分の立ち振る舞いや、子供たちへの提案の素材として、得られたものも非常に多い。

 

快く受け入れてくださった、田口さんありがとうございましたー♪

2月の畑参観日のお知らせ!〜ジャガイモ植えと、畑ホットサンド〜

2月の参観日のお知らせです!

 

畑参観日は、

津屋崎の農家さんと畑を参観して、

農や、野菜を身近にするためのイベントです♪

 

今年は、さんたね畑への訪問を中心にして、

少しテイストを変えて実施していこうと思います!

 

というかちゃんと計画的に実施したいと思います。笑

 

さて、一回目ですが、2月19日(日)に実施しようと思います♪

 

メインは、ジャガイモ植え付け

6月ごろ収穫になります。

6月にも畑参観日を実施するので、一緒に収穫まで楽しみましょー!

※6月の収穫へ参加できなかった方には、別日にお届けします。

 

そのまま畑でお昼ご飯も作ろうと思います。

メニューは、ホットサンド

orangeさんの食パン

谷口さんのトマト

井ノ口さんのキャベツ

僕が作った燻製ベーコン(間に合えば 笑)

どこかのチーズ(手に入れば玉名牧場、最悪カルディ 笑)

など使って作ろうと思います♪

 

↓ホットサンド

f:id:nobukicorner:20170127102233j:plain

f:id:nobukicorner:20170127101503j:plain

 

↓自家製ベーコン 2週間くらいかかります。笑

f:id:nobukicorner:20170127101250j:plain

 

↓ジャガイモの芽

f:id:nobukicorner:20170127100840j:plain

 

ということで詳細

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 と き:2月19日(日)10時〜13時くらい

 

ところ:津屋崎渡のさんたね畑

 

参加費:一人500円(ホットサンドにどれだけこだわるかで若干の変動あり 笑)

 

定 員:10名(子供含む)

 

持ち物:汚れてもいい靴、手袋、肥料が欲しい人はビニール袋、マイ皿、マイおしぼり

 

雨天時:ホットサンドはやります!食材は用意しちゃうので!

 

申込み:以下内容をメールしてください。

①お名前②参加人数(大人、子供)③連絡先

メールアドレス→ info@san-tane.com

 

集 合:お魚センターうみがめ第二駐車場

〒811-3304 福岡県福津市津屋崎4丁目1187

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 2月以降の畑参観日

f:id:nobukicorner:20170118222024j:plain

 

 

 

子供達の主体性について

あくまで「させる側」の教育的立場から見て(なのであまり好きではない「させる」等の表現になるんですが)、

以下があると思っていて、

 

① 答えを教える=ティーチング

② 答えに気付かせる=コーチン

③ 答えを創らせる=ファシリテーション

④ 答えを求めさせる=手放す relinquishに近い

⑤ 答えに意志を持たせる=邪魔をする(揺さぶる、揺るがす)

 

①〜③は、子供達の本質的な主体性を削ぎます。

残念ながら皆が期待するファシリテーションも、

結局大人がすると主体性を削ぎます。

 

正確に言うと、ファシリテーションを、

「①も②もやっている人が行うこと」

「毎日同じ人が行うこと」には、

信頼と紙一重の依存を生みやすく、

それが思考停止を起こさせたり、

その教育者の機嫌を伺った思考に陥らせたり

しやすいという弊害があるということです。

 

④、⑤は、本質的な主体性につながる可能性を持っています。

が、私たちにできることは非常に少ないです。

 

本質的な主体性とは、僕たち教育的立場の人間の意図によらない、

彼らのやりたさや、在りたさによるというところの、主体性。

 

その主体性の動機として、

「やりたい!」(ほぼ好きなこと)という場合と、

「じゃあやります。から、やるんだ!へシフト」(全体(チームなど)のなかでやらないといけないことを、半ば仕方なく初めて、そこに責任感が生まれ、全体と不可分な役割を感じはじめること)する場合とがあります。

※うちの部活では、後者を「やるんだ!シフト」と呼んでいます。笑 やります+責任感=やるんだ!

 

非常に難しいですが、間違いなく言えることは、

大人がいくら良い問いを投げても、

いくら良いファシリテーションをしても、

子供達が問いを作ることに勝ることはないし、

子供達が自らファシリテーションをすることに勝ることはないです。

 

なので、

①は極力やりたくない、

②は子供達に求められればやる、

③も求められた時だけやりながら存在を消しつつ、

というくらいでやりながら、

「どれくらい手放せるか」が、

結局は重要だと感じております。

 

我の強い僕には、日々修行のようです。笑

 

 

f:id:nobukicorner:20170109191911j:plain

f:id:nobukicorner:20170109191851j:plain